ブログ

ブログ詳細

インプットが先とは限らない?


自習室で勉強している生徒を見ていると、

熱心に書いて覚える生徒や

眺めるだけで覚えられるのか、

ずっとテキストを眺めている生徒がおります。

テキストを眺めるだけで覚えられる人もいるので、

今日は、テキストを眺めるだけの覚え方の当否は別として、

少し考えて欲しいことがあったので、少し触れてみます。

 

みなさん覚えるときは当たり前の様に、

インプットを先に、そしてあとでチェック的にアウトプットを行います。

(中にはそれすらしていない人もいますが・・・)

これはこれで当たり前の動きなのですが、

この当たり前を疑ってみても良いのかなと感じることがあります。

 

それは、

先生「小テストしようか?」

生徒「まだ覚えてないからまた後で。」

というごくありふれた会話からふと思ったことです。

 

覚えていないからアウトプットは後で、というこの常識的な考えですが、

復習的なものはもちろん、もしかすると先取りの場合でも、

まずアウトプットにチャレンジしてもよいのではないでしょうか?

 

というのも

暗記の際に、脳は、必要な情報を覚えようとするのですが、

何が必要かを脳が認識する作業を先に行うことで、より効率的に記憶できる可能性があるからです。

これは意識的、無意識的両方でいえることだと思います。

予習が、何がわからないかをチェックするだけでも、効果があるのと同じで、

インプットする前にアウトプットでチェックするだけで、

インプットの効率が上がる可能性があるのです。

またアウトプットをあえて行うことで、

知りたい!と思う気持ちが出る気がするのです。

 

いつもいつもアウトプットを先にする必要はないかもしれませんが、

この考え方を常に持っておくことで、

勉強についての意識や姿勢が少し変わりそうな気もします。

 

個人差もあるので、必ずしも全ての人には当てはまらないとは思いますが、

一度自分がどうなのか試して欲しいと思います。

 

またほとんどの人が、インプットが多くなりがちな勉強の中で、

アウトプットの重要性を認識していただければと思います。

 

生徒の勉強が将来少しでも

人生を豊かにするものであることを願っております。

 

今日は以上です。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。

九州学館 西新校

住所
〒814-0002
福岡市早良区西新5-15-13

TEL 0120-975-243(お問い合わせ専用)
   092-833-4833

営業時間
月曜日~土曜日 14時~22時
日曜日定休
(年末年始・お盆期間については事前にお確かめの上ご来校ください)

当塾Facebookはこちら
http://on.fb.me/1ON4XYA